料金 - 部分入れ歯

素材 保険 保証 価格 審美性 耐久性 人気度 キーワード 長所 短所 通院期間
チタン床義歯
× 5年 ¥250,000~ (残存歯が4本のモデルケース)




一番薄い おすすめ ・重量が軽い
・顎になじむ
・熱があごに伝わる
・アレルギーが起こりにくい
・上顎が薄い金属でできているため、口の中が広く感じる
・やや高価である 1~2ヶ月
コバルトクロム義歯
× 3年 ¥200,000~ (残存歯が4本のモデルケース)



おすすめ 薄い ・バネが小さく目立ちにくい
・残った歯を削らなくてよい
・プラスチックよりも口の中が広く感じる
・小さいがバネが見えてしまう
・義歯が少し動く
・チタンに比べてやや重い
1~2ヶ月
ノンクラスプデンチャー
× 3年 ¥110,000~¥160,000 (残存歯の数による)




バネが ない ・歯へのダメージが少ない
・割れにくい
・装着による違和感がない
・熱が伝わりづらい 2ヶ月
マグネット(磁石)
× 3年 ¥300,000~



装着感 ・装着による違和感がない ・やや高価である 2ヶ月
プラスチック義歯
6ヶ月 約¥10,000~¥20,000 (保険適用) こだわら ない ・費用が安い
・保険が適用される
・治療期間が短い
・6ヶ月ごとに再製作できる
・金属のバネが目立つ
・割れやすい
・歯がすり減りやすい
・バネがゆるみやすい
短期可能 最短3回
  • 表示価格はすべて税抜き価格です
  • 上記保証期間については、最低4ヶ月ごとの定期検診を受けることが条件となります。定期検診の受診がない場合は、保証いたしかねます。
  • 症例により、適用できない場合がございます。
  • 上記の金額の他に、健康保険の負担金が必要となります。
  • 7万円以上のお支払から、クレジットカードもご利用頂けます。
  • 自費診療の場合、プラス2万円で前歯のみセラミックの歯を入れることが可能です。