当院のむし歯治療へのこだわり・虫歯予防について

むし歯治療・虫歯予防

虫歯治療はなるべく「削らない」「抜かない」「精密に」
歯の寿命を大きく変える、虫歯治療へのこだわり

虫歯は、早期の治療が非常に大切です。
早い段階であれば、短期間で治療を終えることができます。
しかし「虫歯かな?」と思っても、「まだ痛くないから」
もしくは「歯医者が嫌い」「忙しい」と虫歯治療を先延ばしにしてしまう場合があります。

当院では、お話を聞く前にいきなり歯を削ったりすることはありません。
また、なるべく削らない、抜かない、痛くない虫歯治療にこだわっていますので、
まずはお気軽にご来院・ご相談下さい。

削らない、抜かない、精密な虫歯治療へのこだわり

虫歯の治療において重要なことは2つあります。
それは、 「①大きく削りすぎないこと(精密な治療)」 「②虫歯菌(ミュータンス菌)にやられてしまっている部分は確実に取り除くこと」 です。むし歯を確実に取り除かないと、再発してしまうので取り残しは許されません

しかし、削りすぎるということは歯の表面のエナメル質が減ってしまうということです。
エナメル質は、歯を守る非常に丈夫で大切な部分
です。
削りすぎると歯を守る部分が減り、さらに人工物との接触範囲が広がってしまうので虫歯リスクがさらに高まってしまうのです。
なるべく削らずに、確実に虫歯を取り除く。
この両方を達成するために、下記のこだわりを持って虫歯治療を行います。

  • う蝕検知液(うしょくけんちえき)

    う蝕検知液(うしょくけんちえき)

    当院では「う蝕検知液」薬液を使用しています。
    う蝕検知液を塗布することで、むし歯の部分が着色するため、
    確実にむし歯を取りのぞき、無駄な部分を削らずに済みます。

  • 拡大鏡の使用

    拡大鏡の使用

    また、人間の目に頼る目視では、削る際の精度に限界が生まれます。
    ですので、無駄な部分を削らないように、「拡大鏡」という拡大装置を使用しています。拡大鏡を使用することによって、人間の目では見えないレベルに拡大して、歯を削る治療を行うことが出来ます。目が非常に疲れる装置なのですが、精密治療にこだわるために、歯科医師が歯を削る際には必要に応じて使用しています。

小さな虫歯は、保険内でも白く自然な治療にこだわります

経過観察をお勧めする場合

虫歯のはじまり

初期の小さな虫歯は、まずは削る前に「経過観察」で良いのか、削るべきなのかを判断します。ごく初期の虫歯であれば、削らずに経過観察をお勧めすることがあります。サホライドというフッ素を塗布したり、メンテナンス、セルフケアを行うことでこれ以上進まないようにアドバイスを行います。正しいブラッシング方法も、丁寧のお伝えしますので、なるべく歯を削らないで済むようにしていきましょう。

削る必要がある場合

虫歯

削る必要がある場合には、必要最小限の範囲のみ削り、小さな虫歯はプラスチックを詰めることで対応します。(なるべく大きな治療とならないようにすることを、ミニマムインターベーションと呼んでおり、当院が大切にしている考えです)

小さなプラスチックを詰める治療を「CR充填」と呼びますが、当院の患者さまからは、保険内診療なのに、驚くほど自然な仕上がりになると、とても喜ばれています。ここにも一手間かけ、きれいな色合いに調整するのも当院のこだわりです。※虫歯の範囲が大きくなると、CR充填では対応できなくなるので、インレーと呼ばれる詰め物治療となります。その場合には、いくつかの種類から素材をお選び頂くこととなります。

→詰め物の素材の種類と料金表はこちら

大きな虫歯は、なるべく神経を取らない、精度にこだわることを大切に

なるべく神経を取らない

大きくなってしまった虫歯の治療で大切にしていることは下記の二点です。

1.なるべく神経を取らないようにする
2.精度の高い根の治療を行う

1.なるべく神経を取らない

歯の神経を抜いてしまうと、歯が非常に弱くなってしまいます。
治療をしても、歯の寿命が著しく減少してしまいます。また黒く変色してしまったりもします。
当院のこだわりとして、神経を残すことができれば可能な限り残すことをこだわりとしています。
残念ながら努力をしても神経を残すことができない、
または一度残してみてもその後痛みが出てくる場合も少なからずあります。

その場合は相談しながら、ベストな治療方法を選んでいきましょう。

2.精度の高い根管治療(根の処置)にこだわります

歯科業界の中で「見えないところの治療が一番大事」という言葉があります。
「見えるところを一生懸命を手間をかけるより、
歯の中の治療をどの程度こだわって行うかが良い歯医者ではないか・・・」
という意味です。
その言葉通り、目に見えない歯の中の治療をいかに丁寧に、精度高く行うかで、
痛みの再発や、神経を抜いた後の歯の寿命も大きく左右する
のです。
患者さまには見えないだけに分かりづらい処置なのですが、当院では精密な根管治療を行うために、
拡大鏡を使用し、手間を惜しまず、少しでも歯を長持ちさせる処置にこだわっています。

虫歯の予防について

これまで、虫歯の治療についてのこだわりを紹介してきましたが、
どんなに精度の高い治療を受けるよりも、予防を行って虫歯にならないことが、歯を守るためには最も重要です。
どんなに精度高く治療をしても、削ってしまった歯は元通りにはならないからです。

虫歯にならないようにするためには?

食べ物が口に入ると、必ず口の中が酸性になります。そして時間が経過すると、また自然に中和されていきます。
その酸性の時間が長いと、歯は酸で溶けて言ってしまい、虫歯になってしまうのです。虫歯にならないようにするためには、口の中を長く酸性にしないことが大切です。 特にお子様は虫歯になりやすいので、口の中に長い時間食べ物や糖分が高い物を入れておかないような食事指導や習慣を身につける必要です。また、間食をしないようにすることが、年齢に関係なく大切です。

効果的な予防法はメンテナンス&適切なセルフケア!

歯ブラシや歯磨き粉へのアドバイス

虫歯になっても、初期の段階であれば経過観察で食い止めることが可能です。そのためには、早期発見が重要です。虫歯の発見は、一般の方では難しいものです。ですので、定期的に検診に来院いただき、お口のチェックを我々プロの視点で行うことが大切なのです。定期検診に通うことで、虫歯だけでなく歯周病の予防にもなりますので、治療が終わったらぜひ定期検診に通って歯を守って下さいね。また、適切な自宅でのケアも歯を守るためには欠かせません。当院では一人一人に合わせたブラッシング方法のアドバイスや、歯ブラシや歯磨き粉へのアドバイス、食事のアドバイスなどを行っていますので、ご自宅でのケアに役立てて下さい!